2012年公開講演会

統計数理研究所

POSTER DESIGN

プロローグ

統計数理研究所様より、一般市民向けの公開講演会のポスター・チラシのご依頼を承りました。お客様からは、「統計数理というと堅いイメージなので、一般の方にも興味をもっていただけるようなデザイン」というご要望をいただきました。

テーマが「スポーツがもっと面白くなる統計数理」という親しみやすい内容でしたし、当時、映画「マネーボール」が流行ったこともあり一般の方にも受け入れられやすいのではとデザイン制作に入りました。

デザイナーの思い

masamoto

今回メインビジュアルに選んだのはUFOキャッチャーの景品で、スポーツ選手のミニフィグ*です。
*「ミニフィグ」…レゴブロックのフィギュア。

一見、講演会とはかけ離れた素材ですが、「野球選手とサッカー選手のミニフィグの中からオリンピック日本代表(2012年ロンドンオリンピック)のユニホームを着た、レアなミニフィグを引き当てた」というシチュエーションが浮かび、「スポーツと統計学」のイメージに合うのではと考えお客様にご提案しました。

ポスター・チラシとして目を引くこと・情報が分かりやすく伝わることという基本を押さえつつ、幅広い層に楽しんでもらえるようにデザインのバランスを考えました。
色調はレトロなポスターをイメージして3色ベタ(塗り)を使用し、文字情報は右に寄せてイラストは左に空白を活かしつつ余裕をもって配置、ミニフィグは左下に固めて配置しゴチャゴチャ感を意識しています。

エピソード

デザイン案提出までのデータを見てみると、最初はクレーン部分の無いデザインでしたが、わかりにくいのではとのご指摘でクレーンのイラストを追加しました。
基本的には大きなデザイン変更もなく、お客様に気に入っていただけたようです。
バックの色にも結構こだわった形跡があります。

講演会にこられた一般の方のアンケートでも、「ポスターを見て講演内容に興味をもった」とお聞きしています。
また「このポスターをデザインした会社」を紹介してほしいと別の部署の方からも声をかけていただきました。
これはデザイン屋冥利に尽きますね。

Ex.1
Ex.2
Produce by
cookie