第26回日本組織適合性学会大会 大会ポスター

第26回日本組織適合性学会大会 大会事務局

POSTER DESIGN

プロローグ

第26回日本組織適合性学会大会 大会事務局 様より大会ポスターの制作、印刷業務を承りました。大会テーマである「組織適合性学の医療と社会への新展開」と大会長のご意向、想いを基にデザインの制作に着手しました。

デザイナーの思い

masamoto

最初「発展性と自然」というキーワードと、学会長様より樹木をモチーフにされたイメージボードをいただいておりました。考察の結果、樹齢1000年を超す、巨大なバオバブの木が学会のイメージと合致するのではとご提案いたしました。
バオバブの木は長年にわたって人々に密着し、衣食住を与えてくれる樹木と慕われてきました。
日本組織適合性学会様も、人、医療に密着され、私たちの生活に大きな影響を与えていると感じました。学会活動のさらなる発展を願って、このモチーフとさせていただきました。

■ デザインについて
バオバブの実をHLA(主要組織適合性複合体)に見立てて、樹木の形成=人の組織が適合する様子をあらわしています。
シンプルさを意識し、壮大な樹木のイメージを表現しました。

エピソード

WEBサイト、抄録集など他の媒体にも反映することも意識し、汎用性を確保しながら進めていきました。
実際に大会に参加させていただいた際、このポスターのデザインから派生したメインイメージが印刷物やサインなどでも使用され、本大会を認知させる大きな役割を果たしていました。

普段あまり接する機会のなかった分野の制作に携わらせていただき、新しい発見や想像力が喚起され、とても貴重な経験になりました。

Ex.1
Ex.2
Ex.3
Produce by
cookie