レタープレス株式会社 新ブランドロゴ

レタープレス株式会社は、2016年(平成28年)5月に創業125年を迎え、リブランディングを行うとともに、社内のリノーベションを行いました。

私たちは、これからも「作る人は同時に使う人でもある」ということを忘れずに、伝えたいこと、知りたいことをもっと分かり易く、学びたい人がもっと学び易い、社会の実現に向けて努力します。

新ブランドロゴ紹介

1998年~2016年

1998年(平成10年)に大学印刷株式会社からレタープレス株式会社に社名変更する時にデザインしたロゴです。「大学」の頭文字 「d」 と、印刷を意味する英語「Printing」の頭文字 「p」 を組み合わせて、ロゴデザインにしております。

「dp」の文字を斜めにすることで、オフセット印刷機をデザインで表現しております。

2016年5月~

「Academic」は日本の学術団体へ、学術誌の制作を始めとするさまざまなサポートをおこなう企業として、「Artistic」は伝えることができる「伝わる」デザインをする企業として、この2つの言葉は時代のライフスタイルに合った情報との接し方を提案する企業でありたい。

そんな思いを伝えていく言葉。それが私たちが「Academic × Artistic」に込める思いです。

1891年~1954年
増田兄弟活版所ロゴ

1891年(明治24年)1月に創業した「株式会社 増田兄弟活版所」では、創業当時より、すべて同一の書体で会社名を表記しておりました。この書体は当時の会社の看板にも統一して利用されておりました。

1956年~1998年

1956年(昭和31年)に「大学印刷株式会社」へと会社名を変更いたしました。全国の大学から紀要や論文、高等数式の制作/印刷を受託していたために、「大学」という文字を会社名に入れ、会社のロゴの書体も「堅実・信頼」などの実績をお客様にお伝えするべく、明朝体としております。

 

 

 

 

創業125周年でのレタープレス株式会社のリ・ブランディング

今後もより幅広い分野、幅広い地域でのブランド展開を行うにあたって、以前の大学印刷の略称呼「dp」から、本来の社名である「LETTERPERESS」という称呼を正式なブランド名称として採用しました。
これに伴い、ブランド・デザインも一新。ブランド・ロゴの刷新だけにとどまらず、様々なコミュニケーションツールや広報活動支援ツールを自社でデザインしてまいりました。


本社のリノベーション

レタープレス株式会社では2016年(平成28年)5月、125周年を迎え、食堂を中心に、エントランス、通路と大幅なリノベーションを行いました。
このリノベーションは、食堂をはじめ多目的の憩いの空間として使用できるようにすることはもちろんですが、すべてを新しくするのではなく設置する家具も長年社員が利用していた、モノに付加価値を付けながらリノベーションを行いました。
これは、弊社のミッションにある「作る人は同時に使う人でもある」、さらには伝えたいこと、知りたいことをもっと分かり易く、学びたい人がもっと学び易い、社会の実現に向けて行動するということを体現した一つの事例です。

1998年~2016年

Before Renovation

1998年(平成10年)に広島市十日市から本社を移転し、さらには大学印刷株式会社からレタープレス株式会社に社名変更をいたしました。食堂で利用していた本棚や家具はその時に利用していた家具を利用いたしましたが、リノベーション時には老朽化しておりました。

レタープレス株式会社内装01
レタープレス株式会社内装02
レタープレス株式会社内装03
2016年~

After Renovation