3分でわかるレタープレス株式会社

レタープレス株式会社は明治時代に「増田兄弟活版所」として創業いたしました。
120年以上の歴史で「受け継がれてきた強み」や「新たな挑戦から生まれた強み」など、レタープレスのことをかんたんにご紹介するマンガです。

※マンガにカーソルを合わせる(タブレット・スマートフォンの場合はタップする)ことで、左右に三角のマークが現れます。
右側の三角をクリックすることで次ページへと送れます。

P01
p02
P03
P04
P05

― メモ ―「活字製造機・自動鋳植機」と「組版」
以前は「活字製造機」と言われる手動タイプライターの様な機械を使用して、原稿に従ってキーボードで1ページ分を入力をし、内容をテープに記録していました。
この機械で作成したテープを「鋳植機」に送ると、鋳植機が自動的に読み取り、「活字製造機」で入力した通りに活字を鋳造して印刷用の「版」を作成してました。
これらの機械が使われる前は、活字の製造も、活字を並べて「版」にすることもすべて手作業で行われていました。

 

学会誌発行サポート/学会事務業務などは私たちにお任せください

レタープレス株式会社は創業から120年以上、学術誌・学会誌発行などのサポート業務を日本の学協会や大学なら多く受託して参りました。

学会誌印刷をはじめ、査読手配、校正確認、著者校正手配、学会事務局運営に関するノウハウを蓄積し、専門性の高いスタッフがサポートしてまいります。

お問い合わせいただきました内容については、レタープレスで長年のノウハウから学会様にとって最良のご提案をいたします。